ネバネバのアカモクの写真

身体に良いスーパーフードとして注目されている”アカモク”

そんな中、当サイトで「えっ!?」と思うような検索キーワードがあります。

それは、【食中毒】【ヒ素】【副作用】といったような言葉です。

今回は、アカモクのそんな言葉の裏側を探ります。

アカモクって食中毒の危険性があるの?

お腹を押さえる女性のイラスト

アカモクを食べて食中毒になる可能性は、基本的にはありません。

特殊な食べ方さえしなければ大丈夫です。

実は、アカモクには「ヒ素」が含まれている

「ヒ素」と聞くと「毒じゃん!」と思う人もいるかもしれませんが、ヒ素は地球上に広く存在する元素です。

ヒ素は、地球上に広く存在する元素です。自然環境中にあるヒ素を完全に避けることは難しく、飲料水や農畜水産物に移行するため、様々な食品には微量のヒ素が含まれています。 引用:農林水産省ホームページ

 

アカモクにもヒ素は含まれていますが、特殊な食べ方さえしなければ大丈夫です。

 

特殊な食べ方?

 

それは、採れたてを生で食べるということです。

↓生のアカモク↓

海藻を生で食べる人って、まずいないですよね。
ゼッタイ美味しくないと思います。

海藻に含まれるヒ素は、茹でることで9割がた低減します。

また、生の海藻を乾燥させたものも販売されていますが、そのまま食べる人はいないですよね。

「水戻し」か「ゆで戻し」をするはずです。

この工程でヒ素は低減されます。

市販されている製品は、製造、加工の工程で通常、水洗い、水戻し、ゆでこぼし等が行われます。

無機ヒ素は水に溶出するので、これらの工程はヒ素を低減することができます。

アカモクの副作用?

副作用のイラスト

アカモクには副作用はありません。

なぜなら、副作用という言葉は、

副作用 (ふくさよう、英: side effect) とは、医薬品あるいは医療的処置の、副次的あるいは望ましくない作用のこと。

医薬品の使用、あるいは医療的処置に伴って生じた、治療者や患者が望んでいない作用全般のことである。

 

副作用とは、お薬や医療行為に対して使う言葉です。

じゃあ、どうしてアカモク副作用って検索するの?

最近では、アカモクの人気に乗じて「サプリメント」も販売されています。

サプリメントを飲むにあたっては「副作用」は気になりますよね。

そういう意味で「アカモク 副作用」と検索されているのかな?と思います。

アカモクは自然界にある海藻です。

副作用はありません。

アカモクを食べ過ぎると下痢になる?

食べ過ぎでおなかの調子が悪くなるのは、どんな食品でもあり得ますよね。

「特にアカモクだから注意が必要」、ということではありません。

アカモクには食物繊維が豊富に含まれているので、適量であれば腸内環境を良くする働きがあります。

でも過剰に食べることで消化不良を起こし、かえって下痢になってしまうことはあります。

おすすめのアカモクの摂取量は、

約40g~50gです。

※納豆1パックが約50gです。

まとめ

アカモクの食中毒や副作用、食べ過ぎについて解説してきました。

この記事をまとめると

●アカモクは基本的に火を通して加工されているので食中毒の心配はない

●アカモクに含まれる豊富な食物繊維によって、過剰摂取すると下痢をすることもある

●アカモクの副作用は基本的にはない

●アカモクなどの海藻類にはヒ素が含まれているが、下処理によって減らせるので体に問題はない

●生でそのまま食べない

アカモクは素晴らしい栄養価を含むスーパーフードです。
販売されているものは、きちんと処理されています。
ご家庭で処理する場合も、茹でこぼしによって含有量を減らすことができるので安心です。
健康のためにも、毎日の食事に取り入れてみてはいかがですか?